Skip to main content

1.レコードをターンテーブルに設置します。

設置ビュー-1

 

2.ベルトドライブを取り付けます。ベルトがモーターの周りに正しく取り付けられていることを確認します。

ベルトドライブ

3.おもりをトーンアームへ押し、回転させ、ヘッドシェルを慎重にトーンアームに挿入します。

設置ビュー-2

4.ターンテーブルにゴムマットを置きます。

設置ビュー-2

5.トーンアームをトーンアーム レストから離して、レコード針の保護カバーを外します。

重要な注意:

- ALVA STカートリッジの取扱いには十分気をつけてください。レコードにゆっくりと下ろします。決して落とさないでください。
- アンチスケートダイヤルが'0'に設定されていることを確認してください。

設置ビュー-3

6.トーンアーム フォースメーターをプラッターに置き、レコード針を「2」へと下げます。

設置ビュー-6

カウンターウェイトを調整することで、レコードへの針圧を適正に保ちます。針圧が重すぎると、レコードの磨耗ばかりでなく、変形や情報ロスの原因となります。針圧が軽すぎると、針が飛んだり、レコードを損傷したりする可能性があります。

アームをアームレストに戻し、カウンターウェイトを調整します。この段階は注意と根気を要します。反時計回りに回して重くします。または時計回りに回して軽くします。

設置ビュー-6b

スタイラス フォースメーターが水平になるまでカウンターウェイトを調整します。スタイラスのバランスが取れたら、そのアームレストに近い部分を戻します。アンチスケートダイヤルは、カートリッジの追跡力に合わせて設定する必要があります。工場に装着されたカートリッジの追跡力は'2'です。

7.ターンテーブルにヒンジをはめて、カバーを取り付けます。

設置ビュー-8