Skip to main content

フィルタ

DacMagic 200Mには3つの別々なデジタルフィルター機能があります。ファースト、スローそしてショートディレイです。3つのフィルターは非常に洗練されたオーディオファンのトポロジーで、オーディオ再生に特化して最適化されています。当社の意見では、これらのフィルターは素晴らしい音質を提供しますが、3つの機能を提供していることからもお分かりいただけるように、最適化において多少の違いがあります。

注:明確にするために、すべての図は、DAC出力でのアナログフィルタリングまたはデジタルソースの記録および/またはマスタリング中に適用されるアンチエイリアシングフィルターを除いて、デジタルフィルター自体の理論的応答を示しています。

ファーストフィルター

ファーストフェーズ

Alva STをセットアップする

1.レコードをターンテーブルに設置します。

設置ビュー-1

 

2.ベルトドライブを取り付けます。ベルトがモーターの周りに正しく取り付けられていることを確認します。

ベルトドライブ

 

3.おもりをトーンアームへ押し、回転させ、ヘッドシェルを慎重にトーンアームに挿入します。

設置ビュー-2

 

4.ターンテーブルにゴムマットを置きます。

技術仕様

Alva TT v2ターンテーブル

タイプ
取り外し可能なヘッドシェルを使用した静的バランスのとれたトーンアーム

回転速度
33 1/3、45rpm

モータートルク
1.6kg/cm

ワウ・フラッター
<0.1%

ターンテーブル プラッター
POM (ポリオキシメチレン)

直径
305mm

トーンアーム

タイプ
一体型アルミキャスト


有効長
221.5 mm

オーバーハング
19 mm

有効質量
19.6 g

トラブルシューティング

片方または両方のチャンネルからサウンドが聞こえない
• アンプの電源がオンになっていない可能性があります。
• アンプがミュートになっている可能性があります。
• 選択されている入力が正しくない可能性があります。
• アンプ、コネクター、プラグがきちんと接続されていない可能性があります。

• レコード針がレコードに触れていない可能性があります。
• ラウドスピーカーに接続されていない可能性があります。

操作方法

レコードを再生する

  1. レコードをスピンドルに被せ、トップパネルの電源ボタンをオンにします。

  2. トップパネルにある適切なプラッターの回転速度(「33」または「45」)ボタンを押します。
  3. ターンテーブルの後方へとリフトレバーを動かして、トーンアームを持ち上げます。

  4. トーンアームをレコードの任意の場所(溝)に合わせます。
  5. ターンテーブルの前方へとリフトレバーを動かして、トーンアームを下げます。


再生を終了する

  1. リフトレバーでトーンアームを持ち上げます。
  2. トーンアームをトーンアーム レストに移動します。
  3. トーンアーム クランプでトーンアームを留めます。
  4. 回転速度ボタンを押して、プラッターの回転を止めます。
  5. 電源ボタンを押して、スタンバイモードにします。

自動電源切断(APD:Auto Power Down)

ターンテーブルは20分間操作しないと、自動的にスタンバイモードに切り替わります。


接続中

アナログ オーディオ接続

出力レベル接続

重要な注意: 接続を確立する前に、出力レベルスイッチを「ライン(Alva TT/ST)」に設定します。外部フォノステージに接続しないでください。

アナログ接続

フォノ接続

重要な注意: 接続する前に、出力レベルスイッチを「フォノ(外部)」に設定します。アンプのフォノ入力端子には接続しないでください。

Alva TTをセットアップする

1.レコードをターンテーブルに設置します。

設置ビュー-1

 

2.おもりをトーンアームへ押し、回転させ、ヘッドシェルを慎重にトーンアームに挿入します。

設置ビュー-2

3.トーンアームをトーンアーム レストから離して、レコード針の保護カバーを外します。

重要な注意:

背面から見た図

背面図

1.カバー

2.カバー用の蝶番と留め具

3.設置

4.出力レベル(電話/回線)スイッチ
スイッチ位置を Line (Alva TT/ST) に設定すると、内部フォノ ステージが使用されます。
スイッチの位置をフォノ(外部)に設定すると、外部フォノステージを使用する必要があります。

5.シグナル出力端子
注意: 出力レベルスイッチの位置に基づいて適切に接続する必要があります。

上から見た図

上面図

1.スタンバイ / オン
スタンバイモード(暗いLEDで示されます)とオン(明るいLEDで示されます)を切り替えます。

2.回転速度ボタン&スタート/ ストップ

3.ベルト駆動モーター(アルバSTのみ)

4.メインのレコード

5.トーンアーム カウンターウェイト
針圧(ダウンフォース)の調整に使用します。

6.アンチスケートダイヤル

7.トーンアーム リフトレバー

8.トーンアーム レスト

Alva TT v2とAlva STターンテーブル

本ガイドは、本機を可能な限り速やかに、かつ簡単に設置し使用できるようにすることを目的に作成されました。本書に掲載の情報は印刷の時点でその正確性に万全を期していますが、継続的な向上がCambridge Audioのポリシーということもあり、設計や仕様は予告なく変更されることがあります。

本書には、著作権により保護された占有情報が含まれます。無断複写・転載を禁じます。当該の製造者の書面による事前の許可なくして、機械や電子、またはその他のいかなる方法によっても本書の一部または全部を複製することを禁じます。商標および登録商標はすべて、それぞれの所有者に帰属します。

© Copyright Cambridge Audio Ltd //--> .